相続の基本知識8:遺留分

兄弟や姉妹以外の相続人には最低限相続できる遺留分があります 被相続人の兄弟や姉妹以外の相続人に対して最低限の遺産相続分を保証する制度の遺留分により、相続人となる配偶者や子、直系尊属 …の続きを読む»

相続の基本知識6:持分

遺産分割が行われるまで相続財産は共有される 共同相続の場合、遺産分割前は相続人全員が相続財産を共有されることになります。個々に遺産を勝手に処分することはできません。 相続財産は持分 …の続きを読む»

相続の基本知識5:遺産分割

相続人が複数いる場合の遺産分割 相続人が複数いる場合、相続財産は,これら複数の相続人で遺産分割をしなければなりません。遺産分割の主な方法は3つあります。 分配される財産の額や内容を …の続きを読む»

相続の基本知識4:相続分

相続人が複数いる場合は共同相続する 複数の相続人がいる場合には、遺産相続の分割、その割合を決めなければなりません。相続分には二つの考え方があります。 被相続人が決める「指定相続分」 …の続きを読む»

相続の基本知識3:代襲相続

子が死亡しているケースは孫に相続権があり代襲相続が行われる 代襲相続によって孫や曾孫、甥、姪などが相続人になることがあります。代襲相続とはどのような場合でしょうか?確認しておきまし …の続きを読む»

相続の基本知識2:法定相続人

相続人の範囲は法律で定められています 誰が遺産を相続できるのかは、法律で定められています。まず配偶者と子、両親、兄弟姉妹が相続人になる場合について理解しましょう。 配偶者と子は常に …の続きを読む»