東京オリンピック後はどうなる?

こんにちは、だんだんと暖かくなり、春らしくなってきましたね。
この記事を投稿した2018年3月21日は春分の日にもかかわらずとても寒いですが・・・。

さて、私はお客様企業の経営者の方とお話しする機会が多くあります。その中で「東京オリンピックまでは業績を予想できるが、オリンピック後にどうなるか分からない。」というお話を良く聞きます。本コラムをお読みいただいている皆様も、同じことを考えている方がいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、将来を知るために今を知るところから始めてみようと思います。

私が思うに、今の需要トレンドは、以下の5点にあると考えます。

1.
2.
3.
4.
5.
Simple
Shortly
Experience
Realism
Digital
:分かりやすい、簡単、手に届く、気軽
:すぐに、ちょっとした時間に
:新しい体験
:リアル感、本物らしさ
:デジタルテクノロジー

例えば、赤丸急上昇中のメルカリが提供するフリマアプリを上記5つの要素に当てはめてみます。

1.
2.
3.
4.
5.
Simple
Shortly
Experience
Realism
Digital
:簡単に出品できる
:ちょっとした時間ですぐに購入できる
:簡単に出品でき、ちょっとした時間ですぐ購入、ということ自体が新しい体験
:模造品購入等への補償制度
:スマートフォン用アプリ

この中でも、「5. スマートフォン用のアプリ」を活用し、「1」や「2」を最大限に引き出していることが、メルカリの成功の要因のようです。Yahooオークションとの違いは、メルカリはスマートフォンユーザー、YahooオークションはPCユーザーがメインであり、「1」「2」の引き出し方に差があります。

続いて、こちらも破竹の勢いなQBハウスです。

1.
2.
3.
4.
5.
Simple
Shortly
Experience
Realism
Digital
:駅の中、10分1,000円という分かりやすい料金
:ふらっとすぐに入れる、店に入る前に混雑状況が分かる、10分で終わる
:美容師と必要以上に会話しないという新しい体験
:プロの仕事
:混雑状況を示す信号(スマホアプリで混雑状況がリアルタイムで分かるようになれば、なお良し!)

このように、5つの要素を満たしつつ、特に「1」と「2」が強く求められることは、東京オリンピックが終わっても変わらないのかなと。「いやいや、これはB to Cの場合であって、B to Bは別でしょ?」と思われるかもしれませんが、B to Bでも相手は同じ人間である以上、この5要素は必ず求められると思いますよ。

一方で、この5要素を敢えて外し、逆バリ戦略でもってニッチなマーケットで勝負、というのも良いと思います。

まずは、ご自身の会社のビジネスがこの5つの要素に当てはめるとどうなのかを確認し、順バリか逆バリか、要素をさらにプラスするか、私達と一緒に考えてみませんか?

ひまわり税理士法人
蓮原 亮

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください