法定相続分について、最低知っておきたいこと

相続人の範囲や法定相続分

いざというときの相続の基本的な範囲や法定相続分を学んでみましょう。相続の際は以下の民法に定められた範囲で相続人が決まり、相続分が設定されています。まずは、この相続法律についてご理解いただきたいと思います。ご不明な点は専門家にご相談ください。

相続人の範囲

死亡した人(夫もしくは妻)の配偶者は常に相続人となり、配偶者以外の人は、次の順序で配偶者と一緒に相続人になります。

第1順位
死亡した人(被相続人の子供)
その子供が既に死亡しているときは、その子供の直系卑属(子供や孫など)が相続人となります。子供も孫もいるときは、死亡した人により近い世代である子供の方を優先します。
第2順位
死亡した人(被相続人)の直系尊属(父母や祖父母など)
父母も祖父母もいるときは、死亡した人により近い世代である父母の方を優先します。
第2順位の人は、第1順位の人がいないとき相続人になります。
第3順位
死亡した人(被相続人)の兄弟姉妹
その兄弟姉妹が既に死亡しているときは、その人の子供が相続人となります。
第3順位の人は、第1順位の人も第2順位の人もいないとき相続人になります。
なお、相続を放棄した人は初めから相続人でなかったものとされます。
また、内縁関係の人は、相続人に含まれません。

法定相続分

法定相続分は以下のようになります。以下は、相続人の間で遺産分割の合意ができなかったときの遺産の取り分ですが、必ずこの相続分で遺産の分割をしなければならないわけではありません。

1. 配偶者と子供が相続人である場合
配偶者1/2 子供(2人以上のときは全員で)1/2
2. 配偶者と直系尊属が相続人である場合
配偶者2/3 直系尊属(2人以上のときは全員で)1/3
3. 配偶者と兄弟姉妹が相続人である場合
配偶者3/4 兄弟姉妹(2人以上のときは全員で)1/4
なお、子供、直系尊属、兄弟姉妹がそれぞれ2人以上いるときは、原則として均等に分けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください