遺言書の必要性

相続が争族を生む!

相続が発生したときの一番悲しい出来事は、残された相続人である妻や子供たちの間で争いがよく起ることです。これを世間では、「争族」などと家族間の相続の争いを表現します。この争いは高額の相続だけで起こる話ではありません。100万円程度の相続額での訴訟を起こす兄弟の例もあります。

遺言書

だから遺言書が必要

「昔はあの兄弟は、仲が良かったのに?」「親がなくなると兄弟仲が急に悪くなった」という話を聞きことがあると思います。相続がきっかけとなって、文字通り「兄弟は他人の始まり」になるケースも少なくありません。いくら事前に相続税対策を行っても、相続財産を巡って兄弟が争ってしまったら意味がありまあせん。

しかし、1通の遺言書を作成することで残された相続人同士での争いを未然に防ぐことができます。相続財産をしっかりと調査した上で遺言書を作成しておけば被相続人が亡くなったあとに、被相続人の相続財産をそれぞれの相続人にどのように分配するかを指示しておくことができます。まさしく、被相続人の最後の意志が尊重されるわけです。遺言書は、後々のトラブルを防ぐ有効な手段になります。兄弟などの親族間の争いは、他人同士の争いよりも深刻化し、端から見ても醜くなりがちです。

残された家族ヘの愛情

法的に正しい遺言性を作成すれば相続人間のトラブル防げます。遺言書で、明確な意志表示を示すことも、残された家族に対する愛情だといえるでしょう。特に不動産物件など分割が難しい相続財産は、相続人同士が納得しにくく、トラブルが起る原因にもなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください